京都・滋賀を拠点にWEB制作とWEBデザインに関する情報発信を手掛ける STAND4U

STAND BLOG

HOME > 業界最安値の格安SIMとしてリニューアルした「イオンモバイル」を徹底調査!

業界最安値の格安SIMとしてリニューアルした「イオンモバイル」を徹底調査!

2016年3月17日

aeon

スマホの料金が高すぎる!そろそろ格安SIMに乗り換えたいが、どこの通信会社(SIM)を選べばよいかわからない!という人は多いかと思います。スマートフォンの通信会社選びにおいて、現在大手3キャリアの王国時代が終焉を迎えつつあり格安SIM会社が乱立している中、各社価格競争が激化しています。

そこで現在、業界最安値の格安SIMとしてリニューアルした「イオンモバイル」を徹底調査してご紹介したいと思います。

まずこの「イオンモバイル」をチョイスした理由としては以下の5つがあげられます。

  • 価格はほぼ全プラン業界最安値
  • 料金プランが多彩でライフスタイルに合わせやすい
  • イオン店舗で契約・サポートが受けられて安心
  • 業界初!通話プランに違約金・解除料金・契約期間など一切無く、自由に解約可能
  • 3日間容量制限がないので月容量まで使えて、速度規制の心配無し

価格はほぼ全プラン業界最安値

イオンモバイルはこれまで、MVNOの代理店として販売してきましたが、2016年2月26日イオンモバイル自体がMVNOとして登録して、自社展開でのサービスを開始しました。

イオンの圧倒的な集客力でケタ違いの顧客数を自社で獲得することで、ドコモと有利な交渉を行いどこよりもお得プランを提供できるという仕組みで、各データ容量において2016年3月現在、ほぼ全プラン業界最安値を提示しています。

料金プランが多彩でライフスタイルに合わせやすい

全29種類の豊富な料金プランで、自分のライフスタイルに合ったプランを探しやすい。

料金プラン

高速データ通信容量 音声プラン データプラン シェア音声プラン
0.5GB 1,180円
1GB 1,280円 480円
2GB 1,380円 780円
4GB 1,580円 980円 1,780円
6GB 1,980円 1,480円 2,280円
8GB 2,680円 1,980円 2,980円
12GB 3,280円 2,680円 3,580円
20GB 5,980円 4,980円 6,280円
30GB 7,980円 6,980円 8,280円
40GB 10,800円 9,980円 11,100円
50GB 14,800円 13,800円 15,100円

イオン店舗で契約・サポートが受けられて安心

一般的に格安SIMの契約といえば、ネットでの契約となります。しかし、ネットでの契約は不安という方も多いはず。

しかしイオンモバイルであれば、近くのイオン店舗で契約する事ができ、同時にサポートや質問も店舗で行う事ができます。もちろんネットでの契約も可能です。

(※受付開始早々に新規登録が集中したためか、登録作業が滞り受付を停止。その後店頭での受付は再開しましたが、インターネットでの受付は(2016年3月17日現在)一時停止している状態です。)

業界初!通話プランに違約金・解除料金・契約期間など一切無く、自由に解約可能

これまで一般的なMVNOでは、通話プランは半年から1年の違約金が発生する最低利用期間がありましたが、イオンモバイルでは、業界初の違約金を撤廃!気に入らなければいつでも通話プランをやめることができます。

しかし注意点として、解約時の移行手数料は通常は3,000円ですが、半年以内の移行は8,000円かかります。つまり半年間は移行手数料が5000円プラス上乗せされます。

3日間容量制限がないので月容量まで使えて、速度規制の心配なし!

一般的なMVNOはユーザーがデータを使い過ぎて混雑させないために、「3日間制限」というルールを大抵設けています。よくあるのは「3日で1GB利用したら200kbpsという低速モードに落とされてしまうというものです。
しかし、イオンモバイルは高速データ通信の3日間制限を完全撤廃しました。

つまり、1ヶ月の契約容量までは毎日容量を気にせず使えるという事です。

気になる通信速度は

参考にさせて頂いたサイト(下記)によりますと、場所や時間帯によって違いますが、下り最大50Mbps超え、上りも20Mbps程度出る時がありました。これは、普通にドコモのSIMを使っているのと変わりません。また、ドコモとの接続の仲介がIIJということで、通信品質的には申し分ないようです。

大手3キャリアとの比較

一番気になるところですが、今まで使っていた大手キャリアからどれくらい値段が下がるのか?をチェックしたいと思います。

今回は大手キャリアが一番安く利用できる高速データ容量プランと、イオンモバイルの料金差を一覧でチェックしてみたいと思います。

  ドコモ au ソフトバンク イオンモバイル
5分通話し放題
基本利用料金
1,700円 1,700円 1,700円 ※通話し放題なし
通話料20円/30秒
(国内通話)
接続料金 300円 300円 300円 なし
データ容量/料金 5GB/5,000円 3GB/4,200円 5GB/5,000円 4GB/1,580円
合計料金 7,000円 6,200円 7,000円 1,580円

データ容量の違いや、イオンモバイルは通話し放題プランは無いので、通話料20円/30秒(国内通話)はプラスかかるなど完全な比較にはなりませんが、単純に毎月4,000円~5,ooo円、年間約5〜6万円コストダウンをはかれるのではないでしょうか?

まとめ

普段あまり通話をしない人や「楽天でんわ」など通話料を半額にする電話アプリ、LINEの無料通話などを併用する事で、通話料を抑える事を検討できる人は、イオンモバイルをはじめ、格安SIMを検討する事で大幅なコストダウンを狙えるかもしれません。

 

※今回の記事は2016年3月現在のものであり、料金の改定などはご自身で確認お願いします。また、乗り換えの参考程度にして頂き、実際の契約の際はご自身でご確認下さい。

イオンモバイル公式サイト


ABOUT

京都・滋賀・大阪を拠点にWEB制作とWEBに関する情報を中心に、その他ライフハックや思う事などを発信しています。
制作会社に所属しており、夜な夜な少しずづ書いております。その他、WEBデザイン、HTMLコーディング、jquery、wordpress、イラスト作成、写真撮影など。通勤時間を最大限に活かすのが目下の課題。

Twitter @stand_4u_

新着記事

カテゴリー