京都・滋賀を拠点にWEB制作とWEBデザインに関する情報発信を手掛ける STAND4U

STAND BLOG

HOME > DTI SIM(格安SIM)に乗り換え時に「損をしない」手順。〜auからの乗り換え編〜

DTI SIM(格安SIM)に乗り換え時に「損をしない」手順。〜auからの乗り換え編〜

2016年9月26日

dti

iPhone7発売時期の空前の格安SIM乗り換えブーム

iPhone7発売の時期を皮切りに、格安SIMに乗り換える人は多いのではないでしょうか?私もそのうちの一人です。2015年5月1日「SIMロック解除の義務化」が実施され、auやソフトバンクキャリアのスマホを持つ人において、さらにiPhoneを2年毎に買い換えている人は、このiPhone7発売のタイミングが絶好の格安SIMへの乗り換えタイミングだと言えます。

そこで今回は、私が実際にauから格安SIM(DIT SIM)に乗り換えた時の手順と、その際に「損しない」方法をお伝えします。

安心してください!DTI SIMはiPhone7で利用する事ができます!

iPhone7発売後すぐに、自ら人柱として試しましたが、iPhone7でDTI SIMを利用することはできます!

なぜDTI SIMなのか

私がDTI SIMにした理由はシンプルです。まずau・ソフトバンク・NTTドコモのように「5分間電話の通話し放題」といったプランがある格安SIM会社は、執筆現在、私の知る限り「DTI SIM・楽天モバイル・FREETEL(フリーテル)」の3社でした。この通話は、IP電話ではなく電話回線を使った品質の良い通話であり、相手にちゃんと番号通知がされる回線です。

その中でも現時点で一番安かったのが、DIT SIMであり、加えて「ネット使い放題プラン」があり、さらにキャンペーンで半年間、月額料金が980円引きという部分でDTI SIMに決めました。
この3社はそれぞれ一長一短あり、正直どこも大差なかったのですが、最終的にはネット使い放題プランがあるという点が決め手です。

逆に楽天モバイル・FREETELのいいところは、通話時間5分の無料時間をすぎると、30秒10円と他社の半額になる(アプリ使用)点であり、私が一番悩んだポイントですが、5分以上話す機会が多い人はこの2社を選ぶ方がいいかもしれませんが、まぁこのあたりは個人の好みや、どこに重きを置くかで選びましょう。

DTI SIMは実際使ってみてどうなのか?

実際私は2016年10月1日からiPhone7でDTI SIMを使っています。プランは5分間通話オプションをつけた、ネット使い放題プランです。利用料金は、ネット使い放題:192o円/月額(半年間キャンペン価格:通常2900円/月額)、5分間通話オプション:780円/月額です。

つまり月額合計「2700円/月額」(キャンペーン終了後:3680円/月額)です。今までauに払っていたのは7000円前後だったので、随分安くなりました。しかもネットは使い放題です。(au時代は月3GBプランだったのでストレスがなくなりました)

DTI SIMの通信速度は?

気になる通信速度は、やはりauに比べると速度は落ちます。時間帯にもよりバラつきがありますが、たった今測定した値は(2016年10月21日午前10:29)下り1.9Mbpsでした。混み合っている時間は、1〜0.8Mbps程度でしょうか。

これがどのくらいの速度なのか?実感的な話をしますと、WEBの閲覧はページを開く時に多少モタつく時がありますが、大きなストレスを感じるほどではありません。私の場合、通勤電車などでamazonの動画やYouTubeなどを見るのですが、時間帯によっては止まる時があるものの、概ねストレスなく閲覧可能です。つまり動画見放題という事になります!!

私の場合auの時は3GB/月だったので、この動画が見放題というだけで天国のようです!

auからDTI SIMにMNP(電話番号そのまま)で乗り換え時に損しないタイミング

まずは当然ながら、2年間の縛りがある中でその更新期間であるという点です。私の場合、10月1日〜11月30日の2ヶ月間がauにおける違約金が発生しない更新期間です。月に関しては、皆さんそれぞれ違うかもしれませんが、注目して頂きたいのが何日に変更するかという点です。

結論から言うと、月頭の1日というのが、その月の料金がかからずに解約できるタイミングです。

詳細を説明すると、auは2016年1月1日以降、解約時に日割り計算しないという方針に変更しました。つまり1日でも使えば、1ヶ月分料金がまるまる発生してしまうという最低最悪の地獄のルールです。(正直、大手のこういうどこまでもセコいやり方も乗り換えた理由の一つです。)

そのまま考えると月初の1日は駄目じゃないか?となるのですが、auでは(2016年10月現在)、システム上の理由で、1日であれば料金が発生しないという、抜け道があるという事です。これはauショップの店員さん数人にちゃんと確認したので、そういう意味では公式なルールと言えます。

ただし、これはシステム上の理由でそうなるだけであり、いつシステムが変更されるかわかりません。また、1日の解約であっても、1日に電話を使ったり、ネットを使ったりすると1ヶ月分徴収される恐れもあります。実際私の知人が1日解約したにもかかわらず、1ヶ月の料金を徴収された事例があります。なので、月末の最後の日の24時までに、電源をOFFにしてSIMカードを抜いておくのがベターだと思います。(現時点の調査結果であり、実行にあたっては、事前にauに確認した上で、自己責任でお願いします。)

MNP予約番号の取得タイミング

今回はMNP(モバイルナンバーポータビリティ)、つまり電話番号そのままで移行する場合の解説します。まず、auショップ、もしくはスマホから157への電話で、MNP予約番号を取得する事ができます(10桁の数字)。このMNP予約番号は、取得してから15日間という有効期限があります。つまりMNP予約番号を取得してから15日以内に他社へ移行しなければなりません。(15日を過ぎると、取得した予約番号が無効になりますので、再度取得する必要があります。)

そこで月初の1日に移行する場合、その12〜14日前くらいに取得します。これは、移行先のSIMをネットで申し込んでから、自宅に配送されて受け取るまでのタイムラグがあるので、その分余裕を持って取得しておくという意味合いです。

ただし移行先の会社によって料金の発生タイミングが違うので、移行先の料金発生タイミングを事前にしらべて下さい。今回解説するDTI SIMに関して言えば、音声プランで、MNPによる電話番号を移行する場合、SIMが到着してから自分のタイミングで利用開始時期をネット(会員専用ページ:MyDTI)で設定できるので、早めに手続きをするというのがポイントです。

 

月初の1日ピッタリに移行する為のDTI SIMを契約する準備

次に移行先の契約準備が必要です。MNP予約番号を取得した時点で、DTI SIMのWEBサイトにて予約番号を入力して申込みをします(DTI SIM公式サイトはこちら)。ちなみにキャンペーン価格での申込みはなぜか怪しいデザインのサイトからの申込みになります(キャンペーン申し込み:キャンペーン期間【2016年7月21日〜2016年11月30日まで】)。

DTI SIMの場合発送方法が少し特殊で、日本郵政の「本人限定受取(特定事項伝達型)郵便」という方法で発送されます。申し込み完了の2〜3日後にSIMカードを発送され、さらに約1〜3日後に郵便局より「本人限定受取(特定事項伝達型)郵便物等の到着のお知らせ」の通知が送付されます。その時点でSIMカードは最寄りの郵便局に届いているはずです。

契約者の名前・住所が記載された本人確認書類(運転免許証・パスポート・写真付き住民基本台帳カード・健康保険証 など)を準備の上、郵便局のゆうゆう窓口に取りに行くか、郵便局から配達してもらうといった手順です。

この「本人限定受取」というのがポイントで、自分以外の同居する家族でも受け取る事ができません。なので、特に平日仕事で受け取る事ができない人の場合はある程度余裕も持った日数が必要になってくるという事です。

しかし、郵便局のゆうゆう窓口で受け取る場合、別の郵便局へ転送してもらう事も可能ですので、例えば職場の近くの郵便局(ゆうゆう窓口のある郵便局に限る)に転送してもらって、昼休みに取りに行くといった方法も可能です。

futo

これが実際にゆうゆう窓口で受け取った封書です。このように「本人限定受取(特伝)」という形で届きます。

set

中身はSIMカードと設定などの説明書が数枚入っていました。

DTIのSIMカードが届いたら

この流れで、目的の日(1日)以前にSIMカードを手元に取得しておいた上で、当日(1日)に、DTIのSIMカードを挿して「会員専用ページ:MyDTI」上でSIMカード利用開始の手続きを行うか事ができます。また、この開通予約は2日前から行う事ができます。当日忘れないようにするためにも、2日前に予約しておいたほうがいいかもしれません。

kaitsu

SIMの切り替え当日

切り替え当日、予約した時間から2時間以内に切り替わります(混雑時はそれ以上かかる可能性あり)。私の場合10時に設定したにもかかわらず、3時間たっても「圏外」だったので変だなと思い、iPhoneを再起動したら、めでたく「圏外」→「docomo」回線に切り替わりました。

開通したらメールが届くようになっていて、あとでメールを確認したら、10時40分には開通していたようです。もし切り替わらない場合は、スマホを再起動してみて下さい。

DTI SIM(格安SIM)に乗り換え時に「損をしない」手順のまとめ

  • SIMの切り替えの日(1日)の12〜14日前にauにてMNP予約番号を取得
  • MNP予約番号取得後、すぐにネットでDTI SIMを申し込む
  • 郵便局からSIMカード到着の通知が来たら、速やかに「契約者本人」が郵便局よりSIMカードを受け取る
  • 切り替え日(1日)にSIMカードを挿して、会員専用ページ:MyDTIにて、利用開始の手続き

以上の手順を踏んで、「auへの無駄な料金が発生せずに」SIMを移行する事ができるという結果になります。皆さんも、格安SIMでお得なスマホ生活を送りましょう!

この記事がお役に立てたら、シェア頂けると幸いです。

 


ABOUT

京都・滋賀・大阪を拠点にWEB制作とWEBに関する情報を中心に、その他ライフハックや思う事などを発信しています。
制作会社に所属しており、夜な夜な少しずづ書いております。その他、WEBデザイン、HTMLコーディング、jquery、wordpress、イラスト作成、写真撮影など。通勤時間を最大限に活かすのが目下の課題。

Twitter @stand_4u_

新着記事

カテゴリー