京都・滋賀を拠点にWEB制作とWEBデザインに関する情報発信を手掛ける STAND4U

STAND BLOG

HOME > 初心者のブログが1日30PVから2630PVに跳ね上がった時にやった3つの事。

初心者のブログが1日30PVから2630PVに跳ね上がった時にやった3つの事。

2016年5月29日

up

ブログを初めて約3ヶ月。会社員の私が先日書いたブログ記事「進化したPhotoshopでWEBデザイン効率アップの10の奥義!」が初めてバスった!

トップブロガーの人達から見れば「その程度で騒ぐんじゃねえよザゴが!」なのかもしれないが、私のようなルーキーブロガーにとっては、まさにアメリカン・ドリームを掴んだような感覚。

同じようにブログが伸びやなんでいる人や、ブログを初めて間もない人達に勇気と希望をおすそ分けできればと思い、その時の様子とその「方法論」を実例を交えて公開しよう!

1.タイトルをいつもと少し変えた

ブログのタイトルはいつもある程度「キーワード」を狙って書いている。しかし今回は少しばかりキーワードから外してを「インパクト」に重点を置いてみた。

実は最初考えていた仮タイトルは「PhotoshopでWEBデザイン効率アップの20の技」というタイトルだ。「Photoshop、WEBデザイン、効率アップ、技」このあたりがキーワードになればいいかなと思っていた。しかしふとタイトルを読み返して思った事は、

「なんだか、つまらない。。。」

タイトルとしては悪くないが、なにかインパクトに欠ける。そう思ってすこし「エッセンス」を足してみた。

「PhotoshopでWEBデザイン効率アップの20の技」

「進化したPhotoshopでWEBデザイン効率アップの10の奥義!」

「Photoshop」ではなく「進化したPhotoshop」、「技」ではなく「奥義」に変更、さらに「20」ではなく「10」に変更。

「進化した」とつける事で「Photoshopは何か新しくなったのか?ちょっと読んでみよう」と思うだろう。さらに「奥義」に変える事で、30〜50歳前後の「北斗の拳世代」のハートを無意識につかむというステルス的な作戦に出た。「20を10に変えた」のは適量を考えた結果。多すぎると嫌になり中だるみしてしまう。少なすぎてもお得感がなく、また記憶できてしまう量だとブックマークされにくくなる。今回は「一度で読めてかつ後でもう一度読んでみたくなるような適量」が10個だった。

これが功を奏したかは断言できないが、少なくとも「いつもと違う点」である事は間違いない。

2.画像もいつもと違いインパクトのあるものに変えた

タイトル画像はいつもわりと適当につけていた。以前書いた同種類の記事「PhotoshopでWEBデザインする方法 ~Fireworksから乗換え編~」と比較するとわかりやすいかもしれない。

title

左はPhotoshopをイメージするだけの普通のタイトル画像。タイトルとつながりはあるが、インパクトは無い。

右は今回バズった記事のタイトル画像は「パンチ」がきいている。手前味噌だが、タイトル名と合わせて見てみるとなんとなく開いてみたくなる画像に仕上っているのではないかと思う。

タイトルの中の「奥義」をイメージし、Photoshopカラーでまとめたデザイン。

3.ターゲットを絞り「地味で当たり前だが重宝する内容」に絞った

以前は、記事の内容は「誰も知らなそうな新発見的な事」を書かなくてはいけない、「誰もが便利に思う驚きの内容」でないと読まれないと思っていた。

しかし少し立ち止まって考えてみると、自分にとっての当たり前が他人の当たり前とは限らない。さらに、当たり前の事でもキチッと整理していくつか並べてあげると、そのうちいくつかは、ちょっと後で読んでみようかな?という気持ちになるかもしれない。

そう思って今回は、Photoshopユーザーではあるが「ある程度ベテランで、いつも忙しくてPhotoshopの新しい機能なんて覚えてられない」といったユーザーにターゲットを絞ってみた。

なので新しい事をいつも探して使っている人にとっては、地味で当たり前の内容かもしれないが、知らない人にとっては「細かく地味だけど便利な内容」を記事にしてみたのである。

その結果、アクセスはまさに「確変状態」

バズったその時の状態を少しみてみよう。会社員の私はいつもブログは会社の通勤電車や帰ってからの夜なべで書いている。その日も3〜4日ほど少しずつ書いた記事を寝る前の23時頃にアップした。Photoshopのハウトゥー的なブログ記事なので、記事は丁寧に書いたつもりだが、そんなに期待はしていなかった。

その日はそのまま就寝し、いつもどおり通勤電車で解析をみてみた。朝の9時の時点で「246ページビュー!?」正直おどろいた。いつもの10倍近いアクセス。

はてブの「カテゴリ別の人気エントリ」の効果

ninki

記憶ではその時点で「ブックマークが5」付いていた。おそらくこの時点で「はてブのカテゴリ別の『新着』」に掲載されていたのだと思う。さらに私の場合「Facebookのいいね」と「pocket」の数字がほぼおなじくらいにグングン伸びていった。さらにブックマークが増えて「カテゴリ別の人気エントリ」に昇格し、10時に370ページビューをピークにしつつも、そのまま1時間毎に100前後のアクセスが続く「まさに確変状態」に入り、2149ページビューアクセスまで伸びた。

朝9〜10時のゴールデンタイムと、追撃の「グノシー砲」

次の日も確変状態は続き朝からグングン伸びての朝9時に「441ページビュー」をピークに続いた、この時点で流入を調べると「gunosy.com」からのアクセスが入っている。これは噂に聞く「グノシー砲」というやつなのか?しかしその日のグノシーからのアクセスは263と想像よりは伸びなかったが、その後もツイッターやFacebookからのアクセスも続いた。

rif

少ない統計ではあるが、「朝9〜10時前後」の時間帯は狙い目なのだろうか。ブログをアップするタイミングや告知タイミングはこの「朝9〜10時のゴールデンタイム」を意識したほうがいいのかもしれない。

その日、ブログタイトルの数字である「2630ページビュー」で自身の過去最高記録に達した。

謎のリファラスパム「www.get-free-social-traffic.com

実はこの記事を書いている最中にいきなり、リアルタイムのアクセスが急に30ほど上がった!どこかに掲載されたのか?と期待してみると「www.get-free-social-traffic.com」からのアクセス。アクセスしてみると、リダイレクトされて別のURLに飛ばされる。

ググッてみるとなんと「リファラスパム」というものらしい!

私のようなコワッパがリファラを見て意気揚々とURLを見に行くのを狙い、同一の参照元から大量のアクセスを行うスパムらしい。なんともコソクで卑劣な罠。

こういったスパムはアナリティクスのフィルタで除外しておくのが作法らしい。

「ドワンゴクリエイターズブログのジェイさん」のからの祝砲?

dwango

週末に差し掛かるのもあいまって、3日目〜5日目となるとアクセスも落ち着き、これで一旦終焉を迎えたかと思ったその時、思わぬ吉報が。

元LIGのジェイさんが運営する「ドワンゴクリエイターズブログ」の増刊号で当記事をとりあげて頂きました。

LIGの時代からファンだったので個人的にとても嬉しい出来事でした。

webクリエイターボックスさんの「人気のつぶやき」に掲載頂きました!

(追記)これまた大ファンの「webクリエイターボックス」さんの「人気のつぶやき」に掲載頂きました!

webcreatorbox:Twitter 人気のつぶやき 5/14~6/3 2016

WEB関連お仕事をされている人なら誰もがご存知「webクリエイターボックスさん」に掲載頂いた事で、また「やる気スイッチ」を押して頂いた出来事でした!

まとめ

ブログは狙って楽にバズれるものではありません。結局は「記事の内容が一番大切」なのだが、同じ内容の記事を書くにしてもある程度戦略的な工夫をする事で、自分の記事にさらなる可能性が加える事はできるのは確かだ。

しかし、ブログはバズる事ばかりを狙うと良い記事が書けなくなるような気がする。ホームランを狙ってアッパースイングになってはいけない!!

やはりコツコツと自分が思う最良な記事を、丁寧に続ける事こそベストなのではないだろうか。


ABOUT

京都・滋賀・大阪を拠点にWEB制作とWEBに関する情報を中心に、その他ライフハックや思う事などを発信しています。
制作会社に所属しており、夜な夜な少しずづ書いております。その他、WEBデザイン、HTMLコーディング、jquery、wordpress、イラスト作成、写真撮影など。通勤時間を最大限に活かすのが目下の課題。

Twitter @stand_4u_

新着記事

カテゴリー